無料ブログはココログ
フォト

eyes☆ photo album

  • かわいいくちばし
    お気に入りの写真を載せています。興味のある方は覗いてみてください

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/30

アクアリュウム

45cmaqua 60cmaqua 撮影は夜間がいいですね。昼間だとガラスにいろんなものが映りこんで見栄えが悪いし。左が45cm水槽です。かつて金魚ちゃんが住んでました。今はアカヒレになってます。もうちょっと背景に水草が欲しい所です。変わりに庭で拾った木の化石をモノリスのように立ててみました。右は今回購入した60cm水槽。45cmの時はバケツ2杯ぐらいでよかったのが4杯半になりました(笑)でも大きくていい感じです。益々金魚が巨大化しそうです。リュウノヒゲは水中でも育つそうなので入れてみました。それと一つ分からない植物は水中から出すと干からびるので、やはり水草なのかなぁと思い左後ろに植えてみました。来週金魚たちを移そうかなぁと考えてます。

mother5 mother4 マザーリーフが開花しました。房や茎が赤く色づいてくると開花する時期みたいです。可憐でとても可愛いです。先週末は胃の調子が悪くて何も食べられなかったのでずっと寝てました。今は少し回復して食べられるようになりましたが、まだ胃薬が手放せません。神経性胃炎?(笑)

2006/01/25

ヤマトヌマエビ購入

yamatonumaebi 少しずつ、新しい水槽の立ち上げ準備をしています。45cm水槽は既にアカヒレを移して泳がせてます。水草は手元にあったのを植えたのですけど、ウィローモスはアオミドロが発生していたので、金魚水槽に植える水草を買いに行ったときにヤマトヌマエビを5匹買ってきて掃除をさせている最中です。五匹で600円。これって高いのでしょうか?藻エビは一匹60円とあったのですが、どうも同居の魚に食されていたみたいで姿がありませんでした(笑)そっと覗くと一生懸命モグモグしてるのですが、人の気配に気づくと少し尾を上げて警戒態勢をとってしまいます。

kusa1 kusa2 kusa3 60cmの金魚水槽に入れる水草は食害にあわない丈夫なのを5束(266円×5束)買ってきたのですが、そのうち三つ名前が分かりません。店員のお姉さんも知らないみたいでした。流木に活着させるミクロソリウム、バリスネリアとあとがよー分からん(笑)右はアヌビアス・バルテリーに似てる感じがするのですけど、根元が芋っぽいので違うかも。左は結構葉が硬くてカールしています。真ん中はさっぱり・・・。地道に検索してみますが。セッティングが完了して見栄えが良くなったら水槽の写真も掲載したいと思います。

2006/01/17

感動

mother1 昨年、仕事に勤しんでいたので出窓に置いていた植物の世話を怠っていました。怠っていたと言っても多肉植物が多いので水やりは少なくてよいという利点はあるのですが、なんせ二ヶ月近く私は水をやってなかったので(親はやってた)どんな状態なのか実は昨日見てみたら水が無くてヘロヘロ。それで水をやっていて発見したのですがなんとマザーリーフから花の房が垂れ下がっているではないですか!しかも伸びすぎて天井につっかかり曲がってました。これは親も気づいてませんでした。マザーリーフは4年前に雑貨屋さんで二枚入り葉っぱを購入して育てていました。

mother2 葉っぱを園芸用ポリマー(高分子水分吸収体)の上に置いておくとやがて葉っぱのふちから子株が出てきて根をおろしていきます。このポリマーには水分と肥料を含んでいるので双葉以上の葉が出るまでここで育てました。それをこんどは鉢の土に植えかえて育てていきました。                    

マザーリーフの子株は普通のベンケイソウに比べてそんなに多く発生しないので増やしたくない人はこの手がいいかもしれません。園芸店で子宝ベンケイソウというのが売られていて、売られている状態で既に葉の周り全てに子株が発生していました。                                

mother3 それで一杯床にポロポロと子株が散乱してるのを見つけて二つほどゴミ拾いしてきたんですね(笑)それで家の鉢に転がしておいたらいやぁー凄いことになりまして(^^;)

このマザーリーフですが、花房の部分の茎の長さが20cmそして土の茎の部分まで1.05m合計で1.25mもありました。後ろのカーテンの柄がどぎついのですが一本だけ茎が伸びているのが分かると思います。間の茎は写真に納まりきれなかったので割愛してます。四年で初めて花がつきました。感動!!

-------------------------------------

coffe 話は変わって、コーヒーゼリーをつくりました。特大です。ホイップもかけ放題です(笑)量が多くて母は気持ち悪がってました・・・でも美味しかった☆

pan1 pan2 フルーツミックス食パンを焼きました。焼きたては美味しいです。湯気が出てるの分かります?レーズン・プルーン・パパイヤ・パイン・アンズのドライフルーツを刻んで練りこみました。あんまりドライフルーツは好きじゃないのですが熱でやわらかくなって美味しかったです☆以上美味しい話でした。

2006/01/14

こっ、これは!

hakusai1 みなさん、何だか分かりますか?

hakusai2 菜の花みたいですねぇ。

これは実は「白菜の花」です。よく見てください。付け根の部分が白菜を裂いた残りのところと分かると思います。普通は捨てますよね。私だったら捨てます。生ゴミとして。でも、うちには捨てないで大事に置いておく人がいるのです。時にはそういう物体たちが痛んで無残な姿をさらしているのを見つけては私が処分してるのですが(笑)これは成功例として今は小さいポットに入れて飾られています。元の部分を栄養源として成長したみたいです。もしこの花から種が取れたら、蒔いてみたいと思います。

2006/01/10

買っちゃった!

DSC00002 念願の60センチ水槽を買ってしまいました(^o^;)はぁ、欲しかったんです。どうしても。いま、四つの水槽に分散してるのをまとめたかったので。これは、金魚水槽になります。流木も買っちゃいました。何を活着させようかまだ考え中なんですけど、金魚に引っ張られない丈夫なやつがいいなぁと思ってます。ナナが今地植え状態なので、ナナも付けようかなぁと考えてます。それで45センチにアカヒレを入れることにしました。外に出してもいいのですけど、今年はちょっと予定があって管理しやすいように一まとめにしておこうとの考えです。これもアカヒレにしては大きい住まいになるので水草をどのように植えようか考え中です。考えるのが楽しくて気づけばボォとした顔になってます(笑)

水槽はジェックスのマリーナ600てやつです。ろ過のみで売り出しが3980円であったのですが、ろ過&ライト込み5980円のがあったので、こちらを購入しました。ライトを後で別に買うと少し高くなるし。また、暖かくなる頃に、いいのが出るかもと考えて一瞬躊躇したのですけど今のうちにしておきたい気持ちが強かったので踏み切りました。

でも、寒いんだよねぇ。水使うの(笑)

2006/01/07

@nifty:NEWS@nifty:下関駅舎、放火で全焼

リンク: @nifty:NEWS@nifty:下関駅舎、放火で全焼…住所不定の74歳男を逮捕(読売新聞).

風向きで全然消防車の音が聞こえなかったので、こんな大火事になってるのにきづきませんでした。今日夕方から英会話の先生達と小倉で食事会だったのに、待ち合わせの駅が焼失、運行の見込み無しで中止になりました(悲)

なので今日は、ゆっくりと家でダラダラするつもりです(笑)ちょっと前に下関駅は自動改札になったばかりで少し改装したとこがあったのに、こんなになったら、全面改装になって綺麗になるのを待つしかないですね。3日の日に大阪に帰る兄を見送ったばかりだったので少しショック。今日は昼過ぎに入院している祖母の病院に行った帰りに、野次馬根性で焼失した駅の横を通ってみました。やはり、私と同じような野次馬が近くの歩道橋から携帯電話片手に写真を撮りまくってました(笑)けが人や死者がいなくてよかったです。

2006/01/01

あけましておめでとうございます

なかなかパソコンを独り占めできなくて、こんな時間にネットしてます(笑)皆様本年もよろしくお願いします。

もうそろそろ目が半開き状態なのですが、昨年から今年に掛けてのことでちょっと気になることがあったのでブログに載せます。みなさんのところはどうでしょうか?

shikibu ムラサキシキブの事なんですけど、毎年葉が落ちる時期に実もポロポロと落ちてしまうのに今現在落ちないでくっ付いた状態を保ってます。撮影日は12/29のものです。実はしぼんではいますが、色を保ったままドライフラワーのようです。先月の新聞の記事で「ケヤキの葉が枯れたまま散らない」という内容のもので原因は「葉と枝を切り離す離層という部位が十分に育たないで北風に吹かれても古い葉が枝から落ちない」そうで、うちのムラサキシキブも同じ感じかなぁと思ってます。猛烈な寒波の強風にも落ちなかったし。記事の最後は「地球温暖化のせいかどうか原因はまだ不明だがケヤキが身を挺して何か警告しているのだろうか」とあります。

人間が気づかないレベルで植物たちは何かを感じ取ってるのかもしれませんね。今年は良い年になって欲しいのですが、日々精進してアンテナを張って生きて行こうと思います。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »