無料ブログはココログ
フォト

eyes☆ photo album

  • かわいいくちばし
    お気に入りの写真を載せています。興味のある方は覗いてみてください

« ポラロイド | トップページ | ブァーゴぁぁーグガガガン »

2010/03/12

てくてく歩く(^-^;

家でストレッチとかの運動が、どうも関節や筋を痛めがちでした。 ウォーキングがやはり一番かなぁと考えて、天気のいい日には歩いてたんだけど、その成果がいまいち実感できないので

P1010808_640

歩数計を買ってしまいましたhappy02 

そしていつものウォーキングコースを午後てくてくと歩いて来たのですが、朝11からこの時間までで6140sweat02 7時起床からの時間は入ってないので四時間分マイナスですけど、たぶんそれでも一万歩にはならないですねぇcoldsweats01 

でも、数値で分かりやすいのでどれだけ運動が足りてないとかが分かったから、無駄な買い物ではなかったなと思いましたdollar 

P1010805_640

んで、この間焼いたパン1.5斤です。普通の食パンよりふっくらできて、クリームチーズの味はよくわかんなかった(笑)美味しかったですdelicious 

« ポラロイド | トップページ | ブァーゴぁぁーグガガガン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわん happy01

あら、万歩計って、昔の真っ黒いポケベルみたいなイメージだったんですが、なんかオシャレなんですねshine
確かに目に見える数値になった方が、わかりやすくて「なにごとかをなしとげた感」があって良さそうですねflair

うわ、でかいパンですね。家でもこんな立派なのが焼けるんですね。うまく焼けて良かったですねdeliciousいろも綺麗です。カチカチに乾かせば武器になりそうですpunch

そういえば、松本清張の短編小説でで、
・殺人事件が起こったが、どうしても凶器が見つからない。被害者の奥さんは、真冬に何度もたずねてくる刑事達に「寒いでしょう」とぜんざいをふるまう。実は、そのぜんざいに入ってた「餅」が凶器だった・・・happy02

ってのがありました。たしか鏡餅のカチカチになったのだったかと。なかなか面白かったですdoor

この小説には元ねたがあって、ロアルド・ダールって作家の「穏やかな凶器」て短編、こっちは、冷凍肉だったと思いますrestaurant

まるぼろさん こんばんは(゚▽゚*)

万歩計はピンクとか赤もありしまたが、パソコンが白なんでそれに合わせて白にしちゃいましたhappy01

パンはその日の気温や湿度で出来具合が違ってきます。武器(笑)今回はフランスパンを作ったので側は硬いですけど、中がほわほわしてましたbread

まるぼろさんは清張の小説を読まれる方なんですね 小説はよく読まれるほうですか?book

一月に母が病院で検査をしている間、私も清張の短編集を読んで待ってました 「眼の気流」というタイトルですeye 
戦後の話ばかりなんで現代とは生活状況はかなり違うけど、人間の持つ欲や恨みとかいったものは今とあまり変わりませんね
あと二冊長編も持ってるんですけどまだ読んでません。昔粗大ごみが有料になると言う時に、近所の人がもういらないので今のうちに捨てるというので貰ったものです(笑)coldsweats01

去年の夏に清張生誕100周年の記念イベント(私の好きな作家さん達が集まったので)に小倉まで行った事があるんですが、清張は短編も書いてるので作品の数がすごく多いので、有名な作家さん達でもまだ読んでない作品がいっぱいあると言ってました。それと、タイトルがカッコいいともfuji

ロアルド・ダールってどこか聞いたことあると思ったら、ジャイアントピーチとかチャーリーとチョコレート工場の原作者なんですねheart

推理小説家は先に読者に見破られないように、トリックを考えたり編み出したりしてすごいなぁといつも思いますpen

洋書ってそんなに読んだことないですけど、高校生の時に読んだロバート・A・ハインラインの「夏への扉」は今でも好きですcat

こんばんわんhappy01

「眼の気流」って、タクシーの運転手の話でしたっけ?昔、読んだ記憶があります。清張、短編も長編もたくさんあるので、何を読んだか読んでないかわからなくなります。
清張を読み始めたのは、高校のときに亡くなった祖父の影響です。とにかく本が好きな人で、遺品は本ばかりでした。その中に松本清張の文庫本が大量にあったんです。

おっしゃるとおり、清張の小説は、人間の嫌な部分とか怖い部分とかドロドロした面が、すごくうまく描かれてますねぇ。清張のは、推理小説以外でも、面白いものがたくさんあります。
よく2時間のサスペンスで清張のがやってますが、できるだけ見逃さずに観てます。

そうそう、ロアルド・ダールは、「チョコレート工場の秘密」の作者です。「チョコレート工場~」は、新しい訳で読んだんですが、勝手に名前が変えられたりして、結構げんなりしました。
チョコレートの映画版は、オリジナルもリメイクされたのも楽しくて大好きです。一時期、ウィリー・ウォンカのテーマ曲を携帯の着メロにしてました(笑)

本は、寝る前とかによく読みます。特にこだわりはありませんので、S・キングを読んだり、浅田次郎、中島らものエッセイを読んだり、適当です。

最近の文庫本、字が大きくなった分、ページが増えて、昔なら上下巻で収まってたようなのが、上中下巻になってたするうえに高いですねぇ。
できるだけ通販の古本を買うようにしてます。
バート・A・ハインラインってSF作家なんですね。今度、古本が出てたら買って読んでみますbook

まるぼろさん こんにちは

そうです、タクシーの運転手の話が最初のです。
お祖父さんの遺品が本って、すばらしいじゃないですかhappy02 宝物ですねbook

2時間サスペンスといえば「家政婦は見た」の原作は、清張の「熱い空気」だと、この前のイベント(大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆき出演)で初めて知りました(笑)
家にある「表象詩人」と「人間水域」を読んだら、図書館に行って他の作品も借りてこようと思いますhappy01

「ジャイアント・ピーチ」と「チャーリーとチョコレート工場」の話が出たので、懐かしくなって映画のバンフを引っ張り出して見てしまいました。
ティム・バートンが作った映画をロアルド・ダールが見ていればきっと喜んだだろうと書いてありました。作品の世界観を表現できるってなかなか出来ないことですもんね。しかも大人も楽しめちゃう

売れ筋の本は、分けてでも読者は購入するだろうという魂胆があるのでしょうか(笑)
私の好きな作家の一人京極夏彦の作品は、分厚過ぎて逆に分けて欲しいという声を聞きます(笑)寝転がって読めない難点がありますねcoldsweats01 そうそう、彼が「映像化できない事を我々が文章で表現している」の言葉に納得したことがあります。個人それぞれが想像するのも楽しみの一つですもんね(゚ー゚)

本が読めるってとても幸せなことですねapple

こばわんhappy01

清張の話をしてたら、偶然さっきまで清張原作の「霧の旗」をやってたんで、途中お風呂に入ったりしましたが、最後まで観てましたw
もう、何度もドラマ化されてるし、原作も読んで筋もわかっているんですが、面白かったです。大筋は一緒だけど、ドラマごとにラストがちょっと変えてあったりそれも面白いんですが、「あれ?原作はどうだったっけ?」って、さっきまでああでもないこうでもないと家族で話してましたw

「表象詩人」と「人間水域」って、たぶん自分は読んだことないです。でも確かに、清張の小説はタイトルがかっちょいいですねぇ(笑)

大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆきって、豪華なメンバーだったんですねぇ。宮部みゆきだけ読んだことあります。
京極夏彦って、タイトルが難しい漢字の人ですよね。確かに、本屋で見るとめちゃ分厚いですもんね。寝転んで読めるってのは、重要なポイントですね。一時期、青空文庫を携帯に入れて読んでましたが、さらに眼が悪くなりそうなので止めました。

>映像化できない事を我々が文章で表現している

本は、読む人によって、登場人物のイメージが違うのが面白いですよね。映像にしてしまうとつまらないであろう話も、文章ならOKってのはありますね。

ティム・バートン、意識しなくても結構観てるんですよねぇ。シザー・ハンズもバットマンもエド・ウッドもそうだし。自分は、チョコレート工場が最後でそれ以降は何故か観てないです。

最近は、昔読んだS・キングの「死のロングウォーク」って長編を読み返してます。ティーンネージャーが、100人集められて、誰かが一人残るまで、ただただ道を歩き続ける(立ち止まれば殺される)ってだけの話なんですが、最後まで飽きさせずに読ませるのはすごいです。

図書館といえば、ことぴぃさんの地元には図書館がありますよね。高3の夏休みに友達とそこで勉強しに通ってました。と言っても休憩ばかりで、遊びに言ってた様なもんですが(笑)
市立の図書館も今度できますよね。
図書館にも「寝転び読書ルーム」が欲しいですね(笑)

まるぼろさん こんにちはbanana

清張のドラマ昨日あったんですね、新聞のテレビ欄を見てなかったから知りませんでした。 ここのところ生誕100年記念のドラマとか映画が放映されてますね。北野たけし主演の「点と線」は石坂浩二の解説いらねぇーと思いながら見ました(笑) なかなか面白かったですhappy01

ラストを変えるとかそういう演出って、著作権とかもう関係ないんですかね。どちらかというと私は、多少の脚色は気にしないけど話を別物に変えられてる作品は見るに耐えない方です。宮部さん(S・キングファン)の「模倣犯」の映画は最悪でしたshock
大沢さんが、清張の小説のタイトルがすばらしいのは「清張の新聞記者時代に培われてきたものかもしれない」と言ってました。「点と線」「黒皮の手帳」「0の焦点」とか('-'*)

京極さんの本はタイトルも難しいし、中身もときどき辞書開かないと分からない漢字がありますsweat02 文章を画面で見ると目が疲れますねeyeglass 今はデジタル本がかなり出回ってますけど紙の本がいいなぁ。京極さんが以前「デジタルの文章を残そうとしてプリントアウトして綴じたら本になっちゃう」って(笑)


ティム・バートンのチョコ~以降は「コープスブライド」「スウィニー・トッド」は見ました。「スウィーニー・トッド」は話だけ聞くと面白いけど、実際映像見たら気分悪くなりましたcoldsweats01 「コープスブライド」より「ナイトメア~」のアニメの方が好みですnight

S・キングの小説は読んだことないけどドラマの「シャイニング」、映画なら「キャリー」とか「グリーンマイル」「ショーシャンクの空に」とか調べたらいっぱいありましたhappy01 S・キングと聞くとホラーって感じがするんですけど、結構感動する話も多いんですね
「立ち止まれば殺される」ってやだなぁ(笑)

えぇ~、わざわざ図書館に通ってたんですか? 遠くないですか、って家知らないんですけど(笑)私が高校生の時に図書館って新築されてたかなぁ?
新しい図書館出来ましたね。この間、横を通ったら、地下に駐車場があるようでした。一度は行ってみないとなぁと思ってます。 
「寝転び読書ルーム」とか出来ると、だんだん図書館がネットカフェ状態になりそうですねcatface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/47794690

この記事へのトラックバック一覧です: てくてく歩く(^-^;:

« ポラロイド | トップページ | ブァーゴぁぁーグガガガン »