無料ブログはココログ
フォト

eyes☆ photo album

  • かわいいくちばし
    お気に入りの写真を載せています。興味のある方は覗いてみてください

« 手作りケージ | トップページ | いきてます »

2016/11/30

保護子猫里親みつかる

もう明日から12月になるので今日中に今月に起こった事を書いておこうとcoldsweats01
前記事に書いた子猫。前々記事にも書いたタビちゃんと外にいるみーこの姉妹のシロの産んだ子猫です。(シロ、子猫の時)
K0120381
タビちゃんは人馴れしてたので捕獲もスムーズにできたのですが、シロは恐れであまり人馴れしてない方だったのが、タビちゃんがもう手術して子猫も産めなくなったのを知ったのか、秋の長雨のせいで隠れる所のある庭に頻繁に居つくようになって子猫まで連れてきました。タビちゃんが子猫を産んだ時期にシロもたぶん出産してる感じだったけど、とうとう子猫を連れてくることはありませんでした。もしかすると、カラスにやられたりかなり痩せてたから栄養失調などで育たなかった可能が。

今回は連れてきたからにはどうにかしないとと思い、前回の反省もしつつより快適な保護場を作り自分もストレスが溜まらないようにと手作りケージをつくり準備をしました。10月4日子猫三匹保護。庭に連れて来たのが9月17日でまだ授乳してました。保護の時にすでにカリカリが食べられるようになってたのと、シロも子猫から離れる時間が長くなった事と台風が直撃する予報で保護時と確信。次の日にシロをなんとか捕まえて避妊手術する前にもう一度子猫に授乳するか同じケージにいれると大変なことに。
シロが子猫たちを威嚇。ずっと喧嘩するときと同じ唸り声をあげてsweat02 タビちゃんは子猫に会いたくて一晩中家の周りを鳴きながらうろうろして、ケージに入れると授乳してたんだけど、もうシロは子猫と一旦はなれたら子離れしたと思ったのかなぁ。前回と様子が違うのでちょっと戸惑いました。子猫が前回よりも成長した子たちだったのは確か。
シロの手術も終わり経過も良好。やはり戻ってきても子猫の事は気にならない様子でした。

Neko
左からスミちゃん、ミミちゃん、マユちゃん(仮)三匹ともメス。

市と県の愛護センターに募集をかけましたがなかなかお返事がなくてcoldsweats01
お店で掲示板を自由に使わせてくれる所に里親募集のチラシを貼らせてもらったり、前回の里親さんやお友達にも声かけしたり。結局10月末近くになっても里親が現れず、ネットの某掲示板で募ることに。するとすぐにお返事が!!と、同時に市の掲示板を見てくれた方からも電話連絡をいただいてあれよあれよと言う間に11月8日にスミちゃんミミちゃん。12日にマユちゃんの譲渡が終わりました。左から下関の西部・中部・東部の心優しい里親さんに貰われて行き幸せな生活を送っています。

一か月も家にいてトイレの躾が出来てから座敷デビューもして、三匹がもつれ合うように部屋を駆けずり回って遊んでいたので、かなり情が沸いてしまって。居なくなってから少し寂しい思いをしてました。でも本家の飼い猫たちにも窮屈な生活(座敷入出禁止)をしいてかなりストレスを感じていたので、またクロの粗相の再発に繋がってかわいそうな思いをさせてしまいました。今回はみーこには子猫の姿を見せなかったので、前回のようにおかしく(自分が阻害されてると思ったよう)はならなかったのが救いです。

保護活動はこれでたぶん最後だと思いますcoldsweats01

« 手作りケージ | トップページ | いきてます »

ネコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71526/64563898

この記事へのトラックバック一覧です: 保護子猫里親みつかる:

« 手作りケージ | トップページ | いきてます »