無料ブログはココログ
フォト

eyes☆ photo album

  • かわいいくちばし
    お気に入りの写真を載せています。興味のある方は覗いてみてください

« 2018年3月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018/11/30

動物病院へ

病院への道のりは他の猫と変わらずニャアニャアと不安げに鳴いていたが、か細く弱い声だった。
状況を説明して診察。体温異常なし。体重3.3kgほど。腹部エコーはどうなのかイマイチ分からなかったが妊娠はしてないらしい。家でレボリューション滴下したけどミミダニが酷く、先生が掃除してくれた。大人しいね、ミミ掃除はみんな嫌がるのに相当弱っているかなぁと、先生。そう言えば11月初めに新しい看護師さんいたけど辞められたのか、先生一人で忙しそうだった。お尻近くに抗生物質注射、目も抗菌目薬入れられて、点滴をされ家でまた付けてとレボリューションプラスと目薬を渡されたところで診療代を聞くと予算オーバーで、血液検査が次回になった。エコーでお腹見せるように抱いても一言も鳴かず頑張ったね。風邪の症状が和らげばいいけど。

まだ家の中の準備が整ってなかったから一旦また外に放つことに。外の小屋で寝泊りしてくれたらいいのだけど。様子をみると時々入って過ごしてるみたいで安心。ただ寒気が下ってきてたから寒さがこたえないか心配だった。
レボリューションプラスと目薬が予算外の出費だったな💧
2018年11月16日

2018/11/25

どうしても…

Img_20181121_164724


ずっと気がかりだった猫が現れた。今年の3月にチラッと見かけて以来、姿を見なかったのでもう死んでしまったものと思っていた。10月の終わりに玄関を開けると、目の前にガリガリに痩せて子猫かと思うほど小さくなったクロの母猫が、ちょこんと座っていた。目やにが酷く鼻もズルズルして猫風邪にかかっているようだ。クロを産んだ後に縄張りを移して来なくなっていたのに、その姿が助けを求めてるようでいたたまれなくなってしまった。見た瞬間はもう余り長くはないだろうという感じ。
餌をやってみるとあっと言う間に完食。内蔵系は悪く無いのかも。ただ耳が遠くなってるのか近づくまで気づかないことが多く、真後に近づいたらハッと振り向く素振り。目も悪そう。
昔撮った動画の日付を調べると2010年5月末。編集した日付だからそれより前に訪れている。その時子猫を連れて玄関の軒下に雨宿りをしている所だったのが初めての出逢い。最低で前の年に産まれたとしても9年は生きている事になる。野良でこの月日を事故も病気もなく生きて来れたのは運が良かったのか。指1本触れさせなかった凛とした雌の野良猫がスリスリしてきたのも驚きで、こんなに力なく弱ってしまってどうしても救わないと後悔しそうで動物病院へと連れて行った。
写真は半月経ってふっくらしてきた様子

« 2018年3月 | トップページ | 2018年12月 »