無料ブログはココログ
フォト

eyes☆ photo album

  • かわいいくちばし
    お気に入りの写真を載せています。興味のある方は覗いてみてください

ネコ

2019/01/16

動物病院へ2

2週間経って前回できなかった血液検査に病院へ向かいました。
結果は猫エイズにかかってました。白血病は陰性。

10年前後外で暮らしてたら何か病気にかかってるとは思ってたけど…

これでクロとの親子対面は叶わぬものとなりました。
これからずっと縁側で隔離生活。

クロやみーこも座敷に入れなくなり、少し行動範囲が狭められストレスが溜まるだろうなと。でも私のエゴなんで猫達は何も悪い事ないので、ひたすら階段と廊下で遊んでやり気を紛らすしかないなぁと。
色々調べたら、7歳以上になったら他の猫との同居はストレスになると書いてあったので、母猫には静かにその時が来るまで穏やかに過ごして貰ったらいいかなぁ。全てエゴですね。人間の勝ってです。本当は外で自然死したかったかもしれないし。
Img_20181203_105033
やはり思ったより弱ってるようで、全く2段目を使ってくれない 今はトイレもケージの外に出して動けるようにしてるけど、縁側から一歩も座敷に入って来ない。ホントに寝るか食べるかトイレの移動だけで、どこかに飛び乗ったりとか散策したりをしない。まわりの事に興味がない。もう外の生活もかなりギリギリだったのかもしれない。あんたが延命させてしまったと母から言われた。

この1か月後に避妊手術。良く食べて体重が増え体調が回復してきたら、盛りの雄たけびならぬ雌たけびに朝昼晩関係なく悩まされ家族が寝られないという。10歳でも十分妊娠出産すると先生から言われてたから、何かで家から抜け出てまた出産子育て地獄に落ちるよりはいいかと。しかもエイズのキャリア。発症はまだしてないから手術することに。

無事に手術成功して家に戻ってきたけど、12日経った今でも盛りは無くならず一旦経験すると思い出して鳴くらしいですねただ、鳴く回数と声のトーンは弱くなった感じです。毛づくろいのブラシで全身をなでなでして気を紛らわしてやることしかできないけど、縁側は平和な空間です。


また別問題が途中で発生してたんですけどね(笑)

名前はテレちゃんになりました。由来はマザー…

2018/12/04

家での生活準備

ネコ用品はある程度揃っているけど、余分のケージが簡易の1段ケージしかないのでネットで検索して探した。
年寄りだけど最低でも2段あった方がいいかちょっと迷って時間をかけてしまった。
で、結局は2段ケージにしました。
Img_20181121_163323
後は、寝床のヒーターを購入すればどうにか揃うことに。外ではなかなか目薬もさせてやれないし。早く家に入れてやりたかったけど連勤が続いてて、市外の研修とかもあって先住猫たちの世話と重なるとタイミングが難しく連勤が終わった26日にと計画。だけど24日の出勤前に玄関を開けると、鼻と右目の下を引掻かれて流血した母猫の姿が。もうすぐにケージへ隔離。

家族は汚いまま家に入れるなと言われたけどもうそんな事言ってられない状態。保護生活が始まりました。

Img_20181124_114616


2018/11/30

動物病院へ

病院への道のりは他の猫と変わらずニャアニャアと不安げに鳴いていたが、か細く弱い声だった。
状況を説明して診察。体温異常なし。体重3.3kgほど。腹部エコーはどうなのかイマイチ分からなかったが妊娠はしてないらしい。家でレボリューション滴下したけどミミダニが酷く、先生が掃除してくれた。大人しいね、ミミ掃除はみんな嫌がるのに相当弱っているかなぁと、先生。そう言えば11月初めに新しい看護師さんいたけど辞められたのか、先生一人で忙しそうだった。お尻近くに抗生物質注射、目も抗菌目薬入れられて、点滴をされ家でまた付けてとレボリューションプラスと目薬を渡されたところで診療代を聞くと予算オーバーで、血液検査が次回になった。エコーでお腹見せるように抱いても一言も鳴かず頑張ったね。風邪の症状が和らげばいいけど。

まだ家の中の準備が整ってなかったから一旦また外に放つことに。外の小屋で寝泊りしてくれたらいいのだけど。様子をみると時々入って過ごしてるみたいで安心。ただ寒気が下ってきてたから寒さがこたえないか心配だった。
レボリューションプラスと目薬が予算外の出費だったな💧
2018年11月16日

2018/11/25

どうしても…

Img_20181121_164724


ずっと気がかりだった猫が現れた。今年の3月にチラッと見かけて以来、姿を見なかったのでもう死んでしまったものと思っていた。10月の終わりに玄関を開けると、目の前にガリガリに痩せて子猫かと思うほど小さくなったクロの母猫が、ちょこんと座っていた。目やにが酷く鼻もズルズルして猫風邪にかかっているようだ。クロを産んだ後に縄張りを移して来なくなっていたのに、その姿が助けを求めてるようでいたたまれなくなってしまった。見た瞬間はもう余り長くはないだろうという感じ。
餌をやってみるとあっと言う間に完食。内蔵系は悪く無いのかも。ただ耳が遠くなってるのか近づくまで気づかないことが多く、真後に近づいたらハッと振り向く素振り。目も悪そう。
昔撮った動画の日付を調べると2010年5月末。編集した日付だからそれより前に訪れている。その時子猫を連れて玄関の軒下に雨宿りをしている所だったのが初めての出逢い。最低で前の年に産まれたとしても9年は生きている事になる。野良でこの月日を事故も病気もなく生きて来れたのは運が良かったのか。指1本触れさせなかった凛とした雌の野良猫がスリスリしてきたのも驚きで、こんなに力なく弱ってしまってどうしても救わないと後悔しそうで動物病院へと連れて行った。
写真は半月経ってふっくらしてきた様子

2018/03/26

桜の季節が

やってきました。先月は無事に生きることができるのか、もうダメなのか怪しかったぐらいの緊急入院&手術を受けました。今は職場復帰も出来てなんとか生活してます。前回の記事のあと、これ載せたらコレも載せないとなぁと思ってた矢先に↑のような出来事に遭遇してしまい記事を書けなかったのですが、何とか精神的にも落ち着いて来たので載せます。

外猫のシロの子猫の里親さん達からのその後の写真を貰っていたので掲載。

1484356849562
スミちゃん→リンちゃんと命名。美人さん(^^♪最初マユちゃんご所望でしたが、実際に対面して「白黒ちゃんも可愛いなぁ。この子貰います。」とスミちゃんだけ居残りとばかり思ってた矢先にあっという間に三匹決まった次第。慣れて来て「激しく」遊んでいたそうです(笑)

Image1
ミミちゃん→凛ちゃんと命名。なんとリンちゃん同じ名前!!生前の愛猫ねこさんがとても大人しいメス猫だったらしく、凛ちゃんのあまりのおてんば振りに憔悴した様子をメールで伺い知る事ができました(;^_^A 半野良の子なんですみません。でも丈夫で元気だと思うので可愛がってくれてると思います。

Mikann
マユちゃん→みかんちゃんと命名。最初ミミちゃんをご所望でしたがミミちゃんの里親さんが時間差で応募が早かったのでマユちゃんに。でも小さなお子さんが二人いらして、マイペースでおっとりしたマユちゃんが丁度良かったようです。

三匹とも本当にやさしい里親さんの元に貰われて幸せに過ごしています

2018/01/24

久々更新

大寒波が襲来でとても寒いですね

そんな中、ほっこりする連絡がありました。以前記事に書いたタビちゃんの子猫の里親さんから大きくなった三毛猫のプリンちゃんの写真が届きました。
1516577953280_2
とても人懐こく可愛いそうで、可愛がられている様子が伺えて嬉しかったです。

2016/11/30

保護子猫里親みつかる

もう明日から12月になるので今日中に今月に起こった事を書いておこうと
前記事に書いた子猫。前々記事にも書いたタビちゃんと外にいるみーこの姉妹のシロの産んだ子猫です。(シロ、子猫の時)
K0120381
タビちゃんは人馴れしてたので捕獲もスムーズにできたのですが、シロは恐れであまり人馴れしてない方だったのが、タビちゃんがもう手術して子猫も産めなくなったのを知ったのか、秋の長雨のせいで隠れる所のある庭に頻繁に居つくようになって子猫まで連れてきました。タビちゃんが子猫を産んだ時期にシロもたぶん出産してる感じだったけど、とうとう子猫を連れてくることはありませんでした。もしかすると、カラスにやられたりかなり痩せてたから栄養失調などで育たなかった可能が。

今回は連れてきたからにはどうにかしないとと思い、前回の反省もしつつより快適な保護場を作り自分もストレスが溜まらないようにと手作りケージをつくり準備をしました。10月4日子猫三匹保護。庭に連れて来たのが9月17日でまだ授乳してました。保護の時にすでにカリカリが食べられるようになってたのと、シロも子猫から離れる時間が長くなった事と台風が直撃する予報で保護時と確信。次の日にシロをなんとか捕まえて避妊手術する前にもう一度子猫に授乳するか同じケージにいれると大変なことに。
シロが子猫たちを威嚇。ずっと喧嘩するときと同じ唸り声をあげて タビちゃんは子猫に会いたくて一晩中家の周りを鳴きながらうろうろして、ケージに入れると授乳してたんだけど、もうシロは子猫と一旦はなれたら子離れしたと思ったのかなぁ。前回と様子が違うのでちょっと戸惑いました。子猫が前回よりも成長した子たちだったのは確か。
シロの手術も終わり経過も良好。やはり戻ってきても子猫の事は気にならない様子でした。

Neko
左からスミちゃん、ミミちゃん、マユちゃん(仮)三匹ともメス。

市と県の愛護センターに募集をかけましたがなかなかお返事がなくて
お店で掲示板を自由に使わせてくれる所に里親募集のチラシを貼らせてもらったり、前回の里親さんやお友達にも声かけしたり。結局10月末近くになっても里親が現れず、ネットの某掲示板で募ることに。するとすぐにお返事が!!と、同時に市の掲示板を見てくれた方からも電話連絡をいただいてあれよあれよと言う間に11月8日にスミちゃんミミちゃん。12日にマユちゃんの譲渡が終わりました。左から下関の西部・中部・東部の心優しい里親さんに貰われて行き幸せな生活を送っています。

一か月も家にいてトイレの躾が出来てから座敷デビューもして、三匹がもつれ合うように部屋を駆けずり回って遊んでいたので、かなり情が沸いてしまって。居なくなってから少し寂しい思いをしてました。でも本家の飼い猫たちにも窮屈な生活(座敷入出禁止)をしいてかなりストレスを感じていたので、またクロの粗相の再発に繋がってかわいそうな思いをさせてしまいました。今回はみーこには子猫の姿を見せなかったので、前回のようにおかしく(自分が阻害されてると思ったよう)はならなかったのが救いです。

保護活動はこれでたぶん最後だと思います

2016/11/20

手作りケージ

手作りケーキではなくケージ
ネットで100均の材料でケージを作ってる方のを参考に見よう見真似で作ったのが10月初め。このブログ最近はこの度に更新してるようになってますね。でも他にもいろいろ忙しかったんですよ。
K0120645
最低一応二段は確保。十分広さもあるし。これで前回のような苦労は少しは免れた感じです。でも期間限定の簡易ケージなので、底の部分は予算の都合で段ボール使用になってます。耐重設計ではありません。
ここには
Img_1318_2
この三匹ちゃんがinしたのでした。続きはまた時間のある時に。

今日は朝出勤のなでそろそろ出かけます。

2016/07/24

梅雨明け後も暑い日

前回の記事が入梅前だったとは
5月29日から7月1日までずっとあることに取り掛かってて、でも最後までやり遂げないとなぁといろいろ迷いつつやりとげました。

外にみーこの姉妹猫が居てそれが子猫を敷地内で産んだ事から保護と里親探しをしていました。まぁ大変だったな

もっと経済力があれば、みーこの姉妹も避妊手術してやれたんだけど、すぐには費用が作れなくてそうこうしてるうちに9ヵ月で出産してしまったタビちゃん(まだ小さい時)。
K01203811
なんか外で鳴き声が聞こえると思ったら、どうも家の壁と雨水タンクの隙間で子供を産んでしまったみたいで。でも周りにいろいろガーデニングの物があるから何処にいるか見えなくて。ある日父親がタビちゃんが白黒の子猫を咥えて庭を出て行ったのを見たことからやはり子猫を出産してるのが確定。でも次の日の朝にすぐに連れて戻る。タビちゃんは体が小さいから一匹しか産まなかったんだねって話して仕事から帰って来たら二匹増えて三匹になってた(笑)
みーこの姉妹が一匹車に轢かれて亡くなったから、また子猫を見たら思い出してしまって、このままだとまた犠牲になるし、メスが二匹いるから悲惨な野良生活がまってると思うといたたまれなくて梅雨になるしと子猫が庭にいる間に強行的に保護することにしました。
子猫はまだお乳も飲んでいたけど、カリカリを与えると食べる事が出来るまで育ってたので大丈夫かなと。
庭には見知らぬオス猫も徘徊し出したので、タビも手術しないと小さい体なのにまた子猫を産む生活を繰り返すことになるので遅くなってしまったけど病院に連れて行きました。
Img_1194
子猫の時よりシュッとしたクールビューティーになったタビちゃん。お乳の間だけ子猫と一緒に。家猫もいるし予防接種はしてないから病気移るといけないしで隔離生活のはじまり。
三匹の子猫は
Img_1234_2
白黒の♀
Img_1243
シャム風の♂
Img_1246
三毛の♀
保護から二週間後にシャム(ミュウちゃん)は元同僚の伝で海の向こうの門司の人に貰われて行きました。その譲渡日の午後に市の愛護センターに掲示して貰ってたのを見た市内の人から連絡貰って三毛(プリンちゃん)も貰われて行きました。そして残るは白黒。
なかなか市の愛護センター経由の連絡も見込めない感じで、県の愛護センターのHPに里親募集をかけて貰う事に。その一週間後にメールで連絡があっていろいろやりとりの末に山口市の方に譲渡が決まりました。一ヶ月も面倒見たので、情が移って今でもすごく気になります。他の方は女性だったので譲渡後の連絡で体調や名前も判明したので安心したのですけど、白黒の方は若い男性だったのでなかなかメールも。譲渡後にまだ干渉するのかと思われてしまうのもどうかと思って連絡できずに。名前も体調もどうか分からないままに…。もしこのHP見つけたら名前だけでも知りたいです(笑)
譲渡直前の白黒ちゃん
Img_1305
顔もしっかりしてきて、お腹の調子も良くなって絶好調で譲渡できて良かったけど気になるんだよなぁ。馬の様に部屋を駆け回ってたのが懐かしいです。クスン
ただ里親さんになっていただいた方々がみんないい人そうで良かったです。安心して太ってしまったよ

K0120576


「俺らを放っておいたツケを払ってもらうよ」な感じで、その後は甲斐甲斐しくお世話させていただいております

2016/05/13

ヒゲのゆくえ

ヒゲが無いみーこの秘密が明らかに。

K0120458

下手人はこいつです!!
なんとみーこを毛づくろいしてる時に噛み切ってる所を偶然目撃。むぅ~・・・毛づくろいして可愛がってあげてるのは良いのだけど、なんで大事なおヒゲを噛み千切っちゃうかなぁ~。

K0120502

みーこはクロが大好きだからされるがままに耳や顔や目をなめなめさせてるけど。ヒゲってバランス感覚とかに重要って聞いてたから、このままヒゲがないとどうなんだろうって考えてまう。「みーこはレディだからおヒゲが無くてもいいのよ」なんて言ってられんよね