無料ブログはココログ
フォト

eyes☆ photo album

  • かわいいくちばし
    お気に入りの写真を載せています。興味のある方は覗いてみてください

ネコ

2016/11/30

保護子猫里親みつかる

もう明日から12月になるので今日中に今月に起こった事を書いておこうとcoldsweats01
前記事に書いた子猫。前々記事にも書いたタビちゃんと外にいるみーこの姉妹のシロの産んだ子猫です。(シロ、子猫の時)
K0120381
タビちゃんは人馴れしてたので捕獲もスムーズにできたのですが、シロは恐れであまり人馴れしてない方だったのが、タビちゃんがもう手術して子猫も産めなくなったのを知ったのか、秋の長雨のせいで隠れる所のある庭に頻繁に居つくようになって子猫まで連れてきました。タビちゃんが子猫を産んだ時期にシロもたぶん出産してる感じだったけど、とうとう子猫を連れてくることはありませんでした。もしかすると、カラスにやられたりかなり痩せてたから栄養失調などで育たなかった可能が。

今回は連れてきたからにはどうにかしないとと思い、前回の反省もしつつより快適な保護場を作り自分もストレスが溜まらないようにと手作りケージをつくり準備をしました。10月4日子猫三匹保護。庭に連れて来たのが9月17日でまだ授乳してました。保護の時にすでにカリカリが食べられるようになってたのと、シロも子猫から離れる時間が長くなった事と台風が直撃する予報で保護時と確信。次の日にシロをなんとか捕まえて避妊手術する前にもう一度子猫に授乳するか同じケージにいれると大変なことに。
シロが子猫たちを威嚇。ずっと喧嘩するときと同じ唸り声をあげてsweat02 タビちゃんは子猫に会いたくて一晩中家の周りを鳴きながらうろうろして、ケージに入れると授乳してたんだけど、もうシロは子猫と一旦はなれたら子離れしたと思ったのかなぁ。前回と様子が違うのでちょっと戸惑いました。子猫が前回よりも成長した子たちだったのは確か。
シロの手術も終わり経過も良好。やはり戻ってきても子猫の事は気にならない様子でした。

Neko
左からスミちゃん、ミミちゃん、マユちゃん(仮)三匹ともメス。

市と県の愛護センターに募集をかけましたがなかなかお返事がなくてcoldsweats01
お店で掲示板を自由に使わせてくれる所に里親募集のチラシを貼らせてもらったり、前回の里親さんやお友達にも声かけしたり。結局10月末近くになっても里親が現れず、ネットの某掲示板で募ることに。するとすぐにお返事が!!と、同時に市の掲示板を見てくれた方からも電話連絡をいただいてあれよあれよと言う間に11月8日にスミちゃんミミちゃん。12日にマユちゃんの譲渡が終わりました。左から下関の西部・中部・東部の心優しい里親さんに貰われて行き幸せな生活を送っています。

一か月も家にいてトイレの躾が出来てから座敷デビューもして、三匹がもつれ合うように部屋を駆けずり回って遊んでいたので、かなり情が沸いてしまって。居なくなってから少し寂しい思いをしてました。でも本家の飼い猫たちにも窮屈な生活(座敷入出禁止)をしいてかなりストレスを感じていたので、またクロの粗相の再発に繋がってかわいそうな思いをさせてしまいました。今回はみーこには子猫の姿を見せなかったので、前回のようにおかしく(自分が阻害されてると思ったよう)はならなかったのが救いです。

保護活動はこれでたぶん最後だと思いますcoldsweats01

2016/11/20

手作りケージ

手作りケーキcakeではなくケージcoldsweats01
ネットで100均の材料でケージを作ってる方のを参考に見よう見真似で作ったのが10月初め。このブログ最近はこの度に更新してるようになってますね。でも他にもいろいろ忙しかったんですよ。
K0120645
最低一応二段は確保。十分広さもあるし。これで前回のような苦労は少しは免れた感じです。でも期間限定の簡易ケージなので、底の部分は予算の都合で段ボール使用になってます。耐重設計ではありません。
ここには
Img_1318_2
この三匹ちゃんがinしたのでした。続きはまた時間のある時に。

今日は朝出勤のなでそろそろ出かけます。

2016/07/24

梅雨明け後も暑い日

前回の記事が入梅前だったとはcoldsweats01
5月29日から7月1日までずっとあることに取り掛かってて、でも最後までやり遂げないとなぁといろいろ迷いつつやりとげました。

外にみーこの姉妹猫が居てそれが子猫を敷地内で産んだ事から保護と里親探しをしていました。まぁ大変だったなsweat01

もっと経済力があれば、みーこの姉妹も避妊手術してやれたんだけど、すぐには費用が作れなくてそうこうしてるうちに9ヵ月で出産してしまったタビちゃん(まだ小さい時)。
K01203811
なんか外で鳴き声が聞こえると思ったら、どうも家の壁と雨水タンクの隙間で子供を産んでしまったみたいで。でも周りにいろいろガーデニングの物があるから何処にいるか見えなくて。ある日父親がタビちゃんが白黒の子猫を咥えて庭を出て行ったのを見たことからやはり子猫を出産してるのが確定。でも次の日の朝にすぐに連れて戻る。タビちゃんは体が小さいから一匹しか産まなかったんだねって話して仕事から帰って来たら二匹増えて三匹になってた(笑)
みーこの姉妹が一匹車に轢かれて亡くなったから、また子猫を見たら思い出してしまって、このままだとまた犠牲になるし、メスが二匹いるから悲惨な野良生活がまってると思うといたたまれなくて梅雨になるしと子猫が庭にいる間に強行的に保護することにしました。
子猫はまだお乳も飲んでいたけど、カリカリを与えると食べる事が出来るまで育ってたので大丈夫かなと。
庭には見知らぬオス猫も徘徊し出したので、タビも手術しないと小さい体なのにまた子猫を産む生活を繰り返すことになるので遅くなってしまったけど病院に連れて行きました。
Img_1194
子猫の時よりシュッとしたクールビューティーになったタビちゃん。お乳の間だけ子猫と一緒に。家猫もいるし予防接種はしてないから病気移るといけないしで隔離生活のはじまり。
三匹の子猫は
Img_1234_2
白黒の♀
Img_1243
シャム風の♂
Img_1246
三毛の♀
保護から二週間後にシャム(ミュウちゃん)は元同僚の伝で海の向こうの門司の人に貰われて行きました。その譲渡日の午後に市の愛護センターに掲示して貰ってたのを見た市内の人から連絡貰って三毛(プリンちゃん)も貰われて行きました。そして残るは白黒。
なかなか市の愛護センター経由の連絡も見込めない感じで、県の愛護センターのHPに里親募集をかけて貰う事に。その一週間後にメールで連絡があっていろいろやりとりの末に山口市の方に譲渡が決まりました。一ヶ月も面倒見たので、情が移って今でもすごく気になります。他の方は女性だったので譲渡後の連絡で体調や名前も判明したので安心したのですけど、白黒の方は若い男性だったのでなかなかメールも。譲渡後にまだ干渉するのかと思われてしまうのもどうかと思って連絡できずに。名前も体調もどうか分からないままに…。もしこのHP見つけたら名前だけでも知りたいです(笑)
譲渡直前の白黒ちゃん
Img_1305
顔もしっかりしてきて、お腹の調子も良くなって絶好調で譲渡できて良かったけど気になるんだよなぁ。馬の様に部屋を駆け回ってたのが懐かしいです。クスンsweat02
ただ里親さんになっていただいた方々がみんないい人そうで良かったです。安心して太ってしまったよcoldsweats02

K0120576


「俺らを放っておいたツケを払ってもらうよ」な感じで、その後は甲斐甲斐しくお世話させていただいておりますcoldsweats01

2016/05/13

ヒゲのゆくえ

ヒゲが無いみーこの秘密が明らかに。

K0120458

下手人はこいつです!!coldsweats02
なんとみーこを毛づくろいしてる時に噛み切ってる所を偶然目撃。むぅ~・・・毛づくろいして可愛がってあげてるのは良いのだけど、なんで大事なおヒゲを噛み千切っちゃうかなぁ~。

K0120502

みーこはクロが大好きだからされるがままに耳や顔や目をなめなめさせてるけど。ヒゲってバランス感覚とかに重要って聞いてたから、このままヒゲがないとどうなんだろうって考えてまう。「みーこはレディだからおヒゲが無くてもいいのよcat」なんて言ってられんよねangry

2016/04/25

クロ、最初のワクチンから1年

すっかりブログが忘れた存在になってたけど、備忘録程度に更新していきます。
クロが最初のワクチンを打ってから1年が経ちました。最初のワクチンはクロには相当副作用が強かったのか、可愛そうなくらい苦しんで。2回目はちよっと慣れたみたいで症状は酷くなかったけど、痛がってたのは確か…抱いたら鳴き叫ぶほどcrying

明日年1回のワクチンに行くけど、前回みたいにおかしくならない事を祈って。

病院に通うキャリーバックを新調しました。以前のは4kg以下のネコ用のキャリーだったし、落としてカギの部分が壊れてしまったのと、意外にクロよりみーこがデカくなったということもあり頑丈そうなのを購入しました。ネットではネコよりも犬の所で扱いが大きいみたいです。小型犬&ネコSサイズをチョイス。

K0120477


別売りで付属のベルトもあったのでそれも購入。

K0120478


上部がオープンになるのがネコの飼い主には嬉しいです。抱っこして入れられる。

K0120479


クロが顔を動かしたのでブレたけど、吟味して気に入ったようです。左右どちらも開閉できる扉も良いcat

2016/03/17

みーこの秘密

K0120158


「ヒゲ」が無い…
生後8ヶ月だけど途中までちゃんと生えてたのに、いつの間にか無くて。未だにブツ切れの短く細っこいのが数本しか確認できない。眉や頬には長いの生えてるのになぁ。

2016/01/20

人間も寒いがネコも寒い

snow 寒い。兎に角寒いsweat01 あ、あけましておめでとうございます。

暖房してない部屋の温度は5℃。寒い。
ネコを日中私の部屋で過ごさせているのですが、コタツは常に電源入りで一ヶ所布団を上げてかまくら状態にしているけど、今日みたいに寒い日はさすがに室温も10℃以下だったのでエアコンを18℃設定で朝から付けっぱなし。電気代が怖いなぁ。

K0120122
(コタツデビュー時のみーこ)



夕食後に部屋の戸をあけて階段・廊下と自由に動けるようにするのですが、今日は寒くて一緒に廊下で遊んでやる時間が短くて少々不満気味でした。でもネコたちも寒いから分かって貰えるかな(笑)

年末にみーこの避妊手術も無事に終え、今年に入って抜糸も済ませなんとか落ち着いてきた所です。みーこは4ヵ月半ぐらいで盛りがついたのか凄い声で鳴きはじめて、それにクロも反応してたのか手術でみーこがお泊りの日から様子がおかしくなって、探し求めて、さらに帰ってきたら「これはみーこだけど、いつものみーこじゃない!!」ばりにやたら鳴き喚いてあちこちに粗相する始末。もう術後の一週間が大変でした。なぜ手術したみーこじゃなくクロに手が掛るのだろうね。みーこもクロちゃん大好きっ子だったけど術後は本調子じゃなかったからなお更クロがおかしくなったのかも。

今はなんとか落ち着いて、寒いせいか外に出たい病も少し無くなってるかな。また暖かくなったら分からないけど。

みーこは未だに恐れで懐いてはくれてません。しかもカメラが嫌いみたいです。
P1050108

(みーこはレディだから、顔見せはしないのよ)
ベッドの下から出てこないみーこ。足は女の子らしくきれいねheart04

Imag0049


抜糸の時点で体重は2.4kgになりました。

P1050097

体も大きくなったよ。術後食べるようになったので一安心。食が細い子なので心配でした。

K0120378

今年も宜しくお願いしますcat

2015/11/09

ミーコ

2回目のワクチンも無事に接種出来てやっと落ち着きました。
新たな家族になったミーコです。
P1050027
保護した当日の写真。10月7日。
母猫が行方不明になり子猫だけに。もう少し一緒にいてもいいかなぁってぐらいの大きさですが、庭に連れて来られた時期から逆算して3ヵ月ぐらいかなと。検診に連れて行った時点で900グラム。獣医からやせてるねぇと。ろくに食べてなかったろうしね。

一回目のワクチン接種の時に1.3㎏に。そして今日の2回目で1.9㎏に!! 一ヶ月で一気に大きくなったなぁと感動してます。

健康なのが分かってからケージ外に。
K0120112


キャットタワーが来るまでは、ベッドの下の座椅子の上がくつろぎスペースに。暗くて落ち着くのかな。一ヶ月たったけど、まだまだ慣れてくれないので寂しいですけど可愛いから許すlovely

一方クロは、相棒が出来て少しはヤンチャが治るかなぁと期待したのですけど期待薄かなぁ。外に出たい病は相変わらずで…でも今は完全室内飼い二ヶ月経過しました。
K0120304

「何?呼んだ?」って言ってるようなクロ。ミーちゃんの寝床に無理やり入ってます。

叔父と姪という血の繋がった関係なので、慣れるのは早かったです。甲斐甲斐しくベロベロに舐めてやってました。
K0120283

ミーちゃんいろんな虎模様。

タワーが届いてからはもっぱらみーちゃんはタワーの上に居座ってます。クロは外眺めてますね。
K01203391_2





2匹とも健康で長生きしてねheart04

2015/09/17

今月で2歳

飼い猫が2歳になりました。来月で飼いはじめて1年をむかえます。なんとか元気で過ごしていますが、いろいろ問題行動もあってそれに悩みながら過ごしています。猫が悪いわけじゃないのは重々分かってるつもり。
Img_1072


ね!!クロcat

2015/05/20

我が名はクロです(その1)

昨年の10月からネコを飼い始めました。それまでも自宅周辺に住み着いてて、何度かブログにも載せてた子猫です。生まれ月はハッキリしませんが、初めて庭に親猫が連れてきた時が2013年9月25日のお昼過ぎでした。写真は重複するかもしれないですがその時の写真。

Img_0372

Img_0373

この大きさで生後どのくらいなのか・・・見た目は片手に乗るくらいの大きさでした。冬前までしばらくまだ乳も飲んでたので9月頭ぐらいにでも産まれたかなと推察。目の色もまだ今の色と違っています。この時は車の下で日除けして涼んでる感じでした。奥に見える足は母ネコのもの。真っ黒の兄弟猫が居たのは分かりませんでした。

その後の11月5日夕方の写真。携帯で撮影。
131105_1723001


最初に撮った写真の次に撮った写真。一月以上たって再び庭に来るようになりました。だいぶ大きくなってましたがまだ乳を飲んでました。一番奥に親猫、手前にクロ、間に兄弟猫の真っ黒な子。このあとすぐに居なくなりました。クロより若干小さかったかなぁ。可愛かったのに。岩合さんが「夏子(なつご)は育たない」と言っていたのを思い出して、寒くなってきたから冬は越せないのかと実感しました。いつも子猫が産まれるたびに庭に2、3日子猫を連れてきてはいたものの、すぐに移動していつの間にかいなくなってしまっていたのが、この子猫たちは人間をあまり恐れず初めて触ったり抱っこできたりした子でした。真っ黒の子が突然居なくなったのと冬を越せないとの言葉に「もしかするとこの子(クロ)も育たないで死んじゃうのかなぁ」と思ってそれから世話をするようになりました。本当はすぐに室内で飼いたかったけど、家族の反対で外猫として1年近く過ごすことになりますcoldsweats01

131105_1729002

しっかりとした顔つきになってきましたが、まだまだ子猫のクロ。母猫にべったりheart04



より以前の記事一覧